• JavaScriptをONにしてください。
  • 八尾市で希望通りの新築一戸建てを建てるなら簡単リクエスト
  • 匠の技でのリフォームを希望されるならリフォームリクエスト
  • 八栄が選ばれる8理由
  • 木造軸組工法とは?
  • K型フレーム工法とは?
  • 間取りプラン例
  • 土地買取システム
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • 会社概要
  • 求人募集
  • スタッフ紹介
  • トップページ > 
  • 八尾で新築一戸建を建てる時、知っておきたい在来工法(木造軸組工法)とは

在来工法(木造軸組工法)とは

伝統構法に近代の構造力学的な考え方を取り入れた建築工法です。
土台・柱・梁・桁・筋交いなど、木の軸を組み立てて建物を支える日本の伝統的な工法です。

在来工法(木造軸組工法)の特徴

  1. ①土台と布基礎をアンカーボルトで緊結する
  2. ②筋交いを入れてプレート等で止めつけることで軸組全体を安定させる
  3. ③壁材に構造用合板を採用するにより、壁に強度を与える
  4. ④材の接合部(仕口)に多様な金物を用いて、軸組全体を補強する
  5. ⑤ツーバイフォー工法に比べ、間取りの自由度が高く増改築も容易

これらの工法により構造的に強い木造建築が可能となります。
使用される木材では檜・杉・米松・赤松・WWといった樹種を適所に使用してますが、
近年ではEW・RWと言った集成材、KD材と言った乾燥材を使用しています。
又、工期短縮等を減らす為家の骨組みを構成する際、プレカット工場での機械による継手・
仕口の加工が主流となっています。

金物工法(金具接合工法テックワン)とは

木造軸組みの「継手」「仕口」部分(アリ・カマ・ホゾ等)をアゴ掛け金具・ホゾパイプなどの金具に置き換え、
ボルトとドリフトピンで緊結する工法となります。

金物工法(金具接合工法テックワン)とは

  1. ①木材の加工欠損が少なく耐力が大幅にアップ
  2. ②寸法精度の向上
  3. ③木材を落とし込んでピンを打つだけの簡単施工により、現場の作業性が向上
  4. ④金具が木材の中に納まる為、断熱材、パネルなどがスッキリと収まる
  5. ⑤構造材の完全部材化も可能で、施工の合理化に貢献

在来工法をベースとし金具が構造材より露出しない仕上げになります。
コスト面では在来工法(木造軸組工法)よりアップします。