設備に関して

地震に強い!最高クラスの住宅!「耐震等級3」の家

耐震等級とは、国が定める住宅性能表示制度により、建築物がどの程度の耐えられるかを等級。
極めて稀に発生する大規模の地震動に対して、被害より軽微とするためには、耐震等級3取得が有効と考えられます。

地震に強い!最高クラスの住宅!「耐震等級3」の家

耐震等級

■建築基準法1.5倍の建物の強さ
万が一の大地震にも「倒壊しないこと」「著しい損傷を生じないこと」の、2項目で等級3を取得

弊社オリジナル基礎形状

通常の角型より空気の流れを考慮しております。
R型にすることにより空洞の効果が見られます。
デッドスペースを無くす気流作地の為R型形状を採用しております。

弊社オリジナル基礎形状
弊社オリジナル基礎形状

筋かい金物は「耐震+制震」の時代です。

DIT制震筋かい金物壁倍率2倍用 筋かい金物は<耐震+制震>の時代です。
耐震 + 制震が4つの心を守ります。
DIT制震筋かい金物

2つのヒミツから生まれる<耐震+制震>の力。

A. <耐震>二重構造の粘り強さ
DIT制震筋かい金物

金物は二重構造。
地震の揺れで筋かいが引っ張られると上下6カ所のブリッジ部が粘り強く受け止めて倒壊を防ぎ、筋かいの損傷も抑えます。

B. <制震>高減衰ゴムの吸収・復元力
DIT制震筋かい金物

二重構造の内部には高減衰ゴムを充填。
地震エネルギーを効率的に吸収して建物の倒壊を防ぎ、筋かいの損傷も抑えます。

開発元:第一工業大学・横浜国立大学
ハウスプラス確認検査(株)評定書HP評定(木)- 15-004

繰り返しの余震にも強い

揺れを最大約75%軽減し、
見えないダメージからも
わが家を守ります。

※軽減する揺れ幅は、建物形状、配置プラン、地震波によって異なります。

筋かいを守る

多く設置した分、
制震効果が高く筋かいの
損傷も抑えられます。

DTI制震筋かい金物の設置数が多いほど、
地震による建物の変形は小さくなり、筋かいへのダメージも抑制。
<耐震+制震>構造で住まいを守ります。

長期優良住宅の認定

長期優良住宅の認定

長期優良住宅とは、従来の「つくっては壊す」スクラップ&ビルド型の社会から、「いいものを作って、きちんと手入れをして長く大切に使う」ストック活用型の社会への転換を目的として、長期にわたり住み続けられるための措置が講じられた住宅を普及させるため、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成20年に交付されました。

長期優良住宅の認定を受けることで、補助金交付や住宅ローン減税のメリットを受けることができます。

耐震性
極めてまれに発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため損傷のレベルの低減を図ること。
省エネルギー性
必要な断熱性能用の省エネルギー性能が確保されていること。
維持管理・更新の容易性
構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられていること。
劣化対策
数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。
住戸面積
良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること
居住環境
良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること
維持保全計画
建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること
バリアフリー性
将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されていること
可変性
居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が可能な措置が講じられていること
住宅履歴情報の設備
長期優良住宅に認定された住宅はその建築及び維持保全の状況に関する記録を作成し、これを保存しなければならない。

まもりすまい保険(住宅保証機構の住宅瑕疵担保責任保険)

保険の対象となる基本構造部分の例

保険の対象となる基本構造部分の例

住宅保証機構

保険期間

10年間(原則お引渡し日から)

支払われる保険金のお支払限度額

2,000万円
住宅瑕疵担保履行法で定められた金額です。
※一戸建住宅でオプション契約を選択した場合は変更となることがあります。

お支払いする主な保険金

  • 補修費用
  • 調査費用
  • 仮住居・移転費用
0120-830-020
お問い合わせ
ページトップへ